注目選手

片足義足で走る! 100mの日本最速女王 陸上競技

高桑 早生 選手

TAKAKUWA SAKI ニックネーム:さきちゃん

i enjoy

道具と身体が一体化した、かっこ良く魅力的なパフォーマンスができるように心がけています。たくさんの声援が最高のご褒美です。(高桑)

アピールポイント

「ダイナミックかつパワフルな走りが特徴です。そんなスプリントから生まれるスピードを活かしてジャンプは豪快にいきます」

  • 競技名
    陸上競技
  • 生年月日
    1992-05-26
  • 性別
    女性
  • 身長/体重
    -/-
  • 所属
    エイベックス
  • ポジション・クラス
    T44クラス(下腿切断など)
  • 成績
    ・2012年 ロンドンパラリンピック 100m 7位/200m 7位
    ・2013年 IPC陸上競技世界選手権 (フランス) 100m 6位/ 200m 6位/走幅跳 4位
    ・2014年 インチョン2014アジアパラ競技大会(韓国) 100m 3位
    ・2015年 IPC陸上競技世界選手権 (カタール) 走幅跳 3位
  • ■リオ2016パラリンピック■
    女子走幅跳(T44) 5位
    女子200m(T44) 8位
    女子100m(T44) 8位


    ■パラサポinterview■
    Q 100mで13秒59でアジア・日本記録を更新されました。リオに向ける意気込みを聞かせてください !

    日本パラ陸上競技選手権では、コールの時から自分のレーンだけに集中していました。とくに冬場に強化したスタートだけを意識して走りました。いい天気で風もよく、冬季中からトレーニングしてきたものをこの一本に出そうと思っていました。でも(13秒59は)まだ、パラリンピックで決勝に残れるかどうか際どいタイムです。メダルを狙うにはもっといいタイムを出さないといけません。
    前回のロンドンパラリンピックはビギナーズラックの部分がありましたが、パラリンピックはオリンピックに比べて一年の成長率がすごく高く、4年前の結果がよくても次はかないません。リオは2回目のパラリンピック出場になりますが、狙って挑む初めての大会としてもう一度チャレンジャーのつもりで挑みたいです。4年前の自分と今の自分は確実に別人だと思っています。目標は“ロンドンの自分越え”です。しっかり達成できるようピーキングしていきます。
    (2016.4)

    ■関連リンク■
    ▼競技紹介
    陸上競技
    ▼競技団体
    日本パラ陸上競技連盟(外部サイトへ)


    ■リオ応援サイト■
    リオを楽しむ、応援するための情報サイト(外部サイトへ)