注目選手

点取り屋に名乗りを上げるFWの成長株 アイススレッジホッケー

塩谷 吉寛 選手

SHIOYA YOSHIHIRO ニックネーム:シオ

i enjoy

競技をしている上での醍醐味は、相手のパックキャリアをボディチェックでつぶして、相手の攻撃をうまく封じることができたときです。また、チームの仲間を信じて世界に戦いを挑むことも楽しみのひとつです。(塩谷)

アピールポイント

「相手のドリブルを封じるボディチェックと手首を利かせたシュート」

  • 競技名
    アイススレッジホッケー
  • 生年月日
    1989-01-19
  • 性別
    男性
  • 身長/体重
    -/-
  • 出生地
    長野県 塩尻市
  • 所属
    長野サンダーバーズ/セイコーエプソン
  • ポジション・クラス
    フォワード
  • 成績
    ・2012年 IPC アイススレッジホッケー Aプール世界選手権 (ノルウェー) 7位
    ・2013年 IPC アイススレッジホッケー Bプール世界選手権 (長野) 2位
    ・2015年 IPC アイススレッジホッケー Aプール世界選手権 (アメリカ) 8位
  • ■パラサポinterview■
    Q チームスポーツとしての競技の魅力、醍醐味は?

    みんなでパスをつないでシュートに持っていく、その一丸となったプレーが醍醐味です。相手に当たりに行くチェックも魅力。「コノヤロー!」と思いながら綺麗にチェックが入ると気持ちがいいですね。
    他国と比べて日本代表はどこよりも平均年齢が高い(40.2歳)。これはどこにも負けません(笑)。ビハインドな状況でも何としてもゴールを狙う執着心は、何年もかけて先輩たちと一緒に築き上げてきたもの。いま、チームワークは本当に良くなってきているし、絶対にピョンチャン行きの切符を掴みたいです。(2016.12)

    ■関連リンク■
    ▼競技紹介
    アイススレッジホッケー
    ▼競技団体
    日本アイススレッジホッケー協会(外部サイトへ)