2017.01.01

【パラサポTopics】日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)の2016年を振り返る!

「想い」を必ず「行動」に。2020年東京パラリンピックの成功とその後のインクルーシブな社会の実現に向けて、 日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は2016年も、突き進んできました。
2017年も、イベント、教育・啓発プログラムなどを積極的に展開していきます!



【2016年4月11日】「あすチャレ!スクール」スタート

パラアスリートと過ごす時間が、子どもたちのココロを動かす「あすチャレ! School」がスタート!>>>【パラサポNews】ページはこちら


プロジェクトディレクターを務める車椅子バスケットボールの根木慎志


「パラアスリートによるデモンストレーション」「体験会」「講話」で構成


【2016年5月27日】伊勢サミットでパラスポーツ体験会

伊勢志摩サミットでパラスポーツ体験イベント ファーストレディも視察>>>【パラサポNews】ページはこちら


競技用車いすに乗った子どもたちと車椅子バスケットボールのミニゲーム


ブラインドサッカーに挑戦する安倍昭恵首相夫人



【2016年8月31日】ゲームアプリ「ゴールボール」をリリース!


目隠しをしてプレーする疑似体験ができる! 日本ゴールボール協会監修の新感覚ゲームアプリ「ENJOY! PARA SPORTS GOAL BALL」をお披露目>>>【パラサポNews】ページはこちら


男子のトップ選手も記者発表に出席


ゲーム界のカリスマ・高橋名人も体験


【2016年9月1日】『マンガで学ぶ スポーツコンプライアンス』を発行


アスリート向けコンプライアンス研修マンガ『マンガで学ぶスポーツコンプライアンス ~アスリートが知っておくべき大切なコト~』発刊>>>【パラサポNews】ページはこちら


マンガ仕立てで、気をつけるべきポイントをわかりやすく解説



【2016年9月24日】ツーリズムEXPOでパラスポーツ体験ブース出展


i enjoy ! パラスポーツパークに2500人が来場。初めての車椅子バスケットボールやレーサーに大盛り上がり>>>【パラサポNews】ページはこちら


リオパラリンピック閉幕直後、2日間にわたって開催。幅広い年代の人たちが訪れた


ビームライフルや車椅子バスケットボール体験コーナーは大盛況



【2016年10月26日】リオパラリンピックのアクセシビリティ報告会


東京2020をエンジョイするためのアクセシビリティを考える。リオパラリンピックの現地調査を報告>>>【パラサポNews】ページはこちら


車いすユーザーの立場からレポートする垣内俊哉パラサポ顧問


ボッチャの杉村選手、柔道の廣瀬誠選手も選手目線でリオを振り返った



【2016年10月26日】「あすチャレ!アカデミー」を記者発表


障がいのある人への応対やコミュニケーション法を学ぼう! 大学生・社会人向けセミナー「あすチャレ! Academy」を記者発表>>>【パラサポNews】ページはこちら


実際に講師を務める障がいのある4人が登壇


小池百合子東京都知事も登壇し、プログラムへの期待を語った



【2016年11月22日】「ParaFes2016」を初開催!


音楽を通してパラリンピックをもっと身近に。パラフェス2016で5000人の観客が熱狂>>>【パラサポNews】ページはこちら


世界で活躍する義足やクラッチのダンサーらによるアクロバティックなパフォーマンス


大黒摩季と出演者全員が「ら・ら・ら」を大合唱した


text by Parasapo
  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Google+