トライアスロン

  • 夏季
  • リオ
    2016
  • 東京
    2020

トライアスロン

スイム(水泳)、バイク(自転車)、ランニングを連続して行うトライアスロン。2016年リオ大会から新たに正式競技として加わった。オリンピックで実施されているスタンダード・ディスタンスの半分となるスプリント・ディスタンス(スイム0.75キロ・バイク20キロ・ラン5キロ)を、座位・立位・視覚障がいの選手がそれぞれのクラスで競い合う。障がいの種類やレベルで分けられる5クラスのうち、リオで実施されるのは男女各3クラス。

観戦のポイント

スイムからバイク、バイクからランへと種目を転換する「トランジション」は、その時間もタイムに加算されるので、「第4の種目」とも言われる。パラリンピックのトライアスロンでは障害クラスごとに使用機材が異なり、着脱する補助具もさまざまなので、個人差も出やすい。また、クラスによっては、「ハンドラー」や「ガイド」のサポートを受けるので、チームワークも不可欠。そんな様子が見られ、選手を間近で応援できるトランジションエリアも、おすすめの観戦ポイントだ。

  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Google+

大会・イベント情報はこちら