アルペンスキー

  • 冬季
  • 平昌
    2018

アルペンスキー

冬の花形競技であるアルペンスキー。パラリンピック種目も、オリンピックと同じ、滑降(ダウンヒル)、スーパー大回転(スーパーG)、大回転(ジャイアントスラローム)、回転(スラローム)、スーパー複合(スーパーコンビ)の5種目を実施。「チェアスキー」と呼ばれるマシンを使用して行う座位カテゴリーは、時に時速100kmを超える速度で雪面を滑り降りる迫力が魅力だ。

観戦のポイント

パラリンピックのアルペンスキーは、障がいごとに立位(スタンディング)、座位(シッティング)、視覚障がい(ビジュアリーインペアード)の3つのカテゴリーごとに分かれて行われる。3つのカテゴリーは、さらに障がいの種類や程度、運動機能などによってクラス分けされ、実走タイムにクラスごとに設定された係数を掛けた計算タイムで順位が決まる。 視覚障がいカテゴリーの選手は、前方を滑る「ガイド」の音声によるサポートを受けて競技する。座位の日本チームは、世界トップレベルで、2014年のソチパラリンピックでは狩野亮が高速系2種目で金メダル、鈴木猛史が回転で金メダル。選手団主将の森井大輝もスーパーGで銀メダルを獲得している。

  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Google+

大会・イベント情報はこちら