水泳

  • 夏季
  • リオ
    2016
  • 東京
    2020

水泳

日本がパラリンピックでメダルを量産してきた競技と言えば水泳だ。機能障がい、視覚障がい、知的障がいなどの選手が活躍している。とはいえ、ひとくちにスイマーと言っても、障がいの種類もレベルもそれぞれ異なるため、あらかじめクラス分けされたクラスの中でタイムを競い、順位を決める。なお下肢に障がいのある選手は飛び込みが難しいため、水中からのスタートが認められている。

視覚障がいの選手を支える『タッピング』
視覚障がいクラスで欠かせないのが、見えない選手に壁を知らせる「タッピング」の技術。全盲クラス(S11)は安全確保などのため義務づけられている。日本では選手の頭または額を壁の手前でポンっと叩いて合図を出し、選手はその合図をもとにターンする。実は「タッピング棒」に関するルールはない。日本は弾力性がある釣竿を改良した手作りタッピング棒を使用しており、その完成度の高さから、海外チームから問い合わせがあることも。
  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Google+

大会・イベント情報はこちら