卓球

  • 夏季
  • リオ
    2016
  • 東京
    2020

卓球

車いすや立位の肢体不自由者、知的障がいの選手が行う卓球は、一般の競技規則に準じて行われる。障がいの種類や度合いに応じて区分けされ、クラスごと競技を行う。障がいによりトスが困難な選手は、一度自陣のコートにボールを落としてからサーブを打つことができる。また、車いす選手のサーブは、エンドラインを正規に通過したボールをのぞきレット(ノーカウント)になる特別ルールがある。