5人制サッカー

  • 夏季
  • リオ
    2016
  • 東京
    2020

5人制サッカー

視覚障がい(全盲クラス)のフットサル。フィールドプレーヤー4人はアイマスクを装着し、音源の埋め込まれたボールをドリブルやパスでゴールまで運ぶ。ボールが両サイドを割らないように、サイドラインに壁を設置。選手たちは、敵陣のゴール裏で味方にゴールの位置と距離、角度などを伝える「ガイド」、晴眼者や弱視者が務める「ゴールキーパー(GK)」、サイドフェンスを越えたベンチに立つ「監督」の声を聞きながらプレーする。(写真提供:日本ブラインドサッカー協会)

観戦のポイント

アイマスクをした選手による、“まるで見えているかのような”スーパープレーが見られる5人制サッカー。選手たちは、仲間の声や音を頼りにピッチ上の自分の位置を把握し、自分や周囲の動きをイメージしながらプレーする。力強いシュートや連携プレーも驚きだが、GKと駆け引きは想像を絶する。思わず感嘆の声を上げてしまいそうになるが、そこはぐっとこらえて。選手は、GKが弾いたボールの音や切り替えし後の仲間の指示に耳を澄ましている。胸の内で声援を。

  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Google+

大会・イベント情報はこちら