スノーボード

  • 冬季
  • 平昌
    2018

スノーボード

ピョンチャンパラリンピックからの新競技、スノーボード。障がいの種類や程度により、下肢障がいのSBLL-1、SBLL-2、上肢障がいのSB-ULの3つのクラスに分けられ、スピードを競い合う。ピョンチャンパラリンピックは、スリリングな展開が魅力のスノーボードクロス、3回の滑走でベストタイムを競うタイムを競うバンクドスラロームが実施される予定で、男女合わせて10個のメダルを争う。

観戦のポイント

義足の選手らがストックを使わずに斜面を滑り降りする姿はまさに超人的。アルペンスキー同様に世界を転戦、上位に位置する精鋭のみがパラリンピックに出場できる。日本国内の競技者はまだ少ないが、世界にはオリンピックやXゲーム出場経験のある選手もおり、ピョンチャンパラリンピックでもハイレベルなパフォーマンスを楽しめること間違いなし。2014年のソチパラリンピックではアルペンスキーの一種目として下肢に障がいのある選手によるスノーボードクロスが実施され、男子はエヴァン・ストロング(アメリカ)、女子はビビアン・メンテル(オランダ)が金メダルを獲得した。

  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Google+

大会・イベント情報はこちら