ウィルチェアーラグビー

  • 夏季
  • リオ
    2016
  • 東京
    2020

ウィルチェアーラグビー

パラリンピック競技で唯一車いす同士がぶつかるタックルが認められているウィルチェアーラグビー。激しいコンタクトプレーにも耐えられる頑丈な競技用車いすを使用し、ボールは丸い専用球を使用。頸随損傷や機能障がいなど四肢に障がいのある選手たちが、巧みな車いす操作でゴールを狙う。

観戦のポイント

選手には障がいの程度に応じてそれぞれに点数が与えられている持ち点制の競技。それぞれの障がいレベルにより0.5〜3.5点の持ち点が与えられ、障がいが軽い選手ほど持ち点が高く、4人の持ち点の合計が8点を超えてはならないルールがある。「ローポインター」と呼ばれる障がいが重い選手が、相手の車いすをひっかけて進攻を止める“ボールのないところの攻防”も見どころだ。

  • Share on Facebook
  • Share on Twitter
  • Share on Google+

大会・イベント情報はこちら